01

ZEHビルダーとは?

 

2014年4月の閣議決定「エネルギー基本計画」において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味でゼロとなる住宅(ZEH)の実現を目指す」とする政策目標が設定されました。経済産業省はこの目標の達成に向け、2016年4月、「住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業費補助金ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)支援事業」におけるZEHビルダー登録制度の概要案を公表しました。

この制度は、受注する住宅のうちZEH(NearyZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標(以下「ZEH普及目標」という)を掲げるハウスメーカー、工務店、リフォーム業者等を補助事業執行団体にて公募し「ZEHビルダー」として登録するものです。

ZEH

ZEH の周知・普及に向けた取り組み

 

一般住宅(戸建てやマンション等)におけるエネルギー消費量が年々増加傾向であり、限りあるエネルギーの有効活用をすることが次世代への責務と捉え、自社への問い合わせや見込顧客の方々へ向けて、ホームページや家づくり勉強会などのイベント、パンフレットなどでZEH住宅への取り組みや活動を積極的にPRし周知活動をしてまいります。
また、お客様に2020年にはZEH仕様が新築住宅の過半数になる事と、ZEH仕様の建物にすることによって消費エネルギーを0または、マイナスの住まいを実現できることを説明し、地域社会に向けて普及活動に努めます。

 

ZEH のコストダウンにむけた具体策

 

各取引先に自社がZEHに取り組む意義を理解してもらい、ZEH仕様を標準化する事で材料の無駄を省く事はもちろん、年間の採用数量 を増やすことでコストダウンの折衝をいたします。また、より高い省エネ性や発電効率の良い屋根形状も考慮したZEHに向けたモデルプランの 作成を行い、コストの削減に取り組みます。

 

その他の取り組みなど

 

自社主催のZEH見学会イベントなどでZEHに関する勉強会を開催いたします。

社員のZEH関連の省エネ勉強会・セミナーへの参加を促進し、社内のZEHへのスキルを高めてまいります。

将来は、自社で外皮計算のソフトを使った解析を行い、タイムリーにお客様へZEHのご説明が出来る様行ってまいります。

高齢化社会において、住まいでのヒートショックの低減や、永く快適で健康に住むことができる住宅を提供してまいります。