DSC_0017

#中間検査 のお話。

#小田原市 では住宅系の新築工事で50㎡以上のものは建築基準法の中間検査を受ける必要があります。
↓ご参考までに小田原市のホームページです。
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/…/tyuukannkennsanituite…
屋根の小屋組工事及び構造耐力上主要な軸組の工事が終了した時・・・。
骨組みが組み上がって、金物でギュッと引き締めた状態を確かめるのです。
図面通りに構造体が正しく施工されているかを検査いたします。
検査自体、今回は #特定行政庁 (今回は小田原市)から委託された民間審査機関( #湘南建築センター )の検査を受けました。
この検査をクリアしないと、次の工程には進むことが出来ません。
構造に係る大切な検査です。

弊社では #重心 (建物平面の中心≒建物の重さの中心)と #剛心 (建物の強さの中心)を考慮して、バランスよく構造壁を配置しております。

重心と剛心の距離が長いと、水平力(地震力・風圧力)を受けた時に、建物にねじれの力が加わり、部分的に力が集中してしまう恐れがあります。
力が集中することにより、そこから破壊が起こりかねません。

てこの原理(距離×力の大きさ)を利用して、外周側に耐力壁をバランスよく配置していき重心と剛心のずれをなるべく小さく致します。
建物を強くするには全体のバランスを考慮した構造計画が必要となります。

20170412_113441543 20170412_113510831 20170412_113437093 20170412_113215651 20170412_100556930

 

 

他方、二回目の #防腐防蟻処理 を実施いたしました。
小田原#久野#三和消毒 さんに施工して頂きました。
今回は地盤から1mの高さの構造部分です。

20170412_081936106

To be continuied……..