Menu
20170424_141059330

サッシ取付・・・その前に。

大事な大事な雨仕舞(あまじまい:雨が入らない様にする事です)。 サッシには前もって #ウェザータイト を施工します。 #ブチル系粘着両面テープ で三方を固定。 その上に、#透湿防水シート をしたから差し込んで、上からかぶせていきます。 鎧のように重ねていくのです。 下から上へ・・・。 丁寧に・・・。 その原則を崩さずに。 弊社では透湿防水シートに #デュポン#タイベック を使用しております。 http://www.tyvek.co.jp/construction/product/housewrap/ シートで外壁をすっぽり覆います。 #ブチル系粘着テープ と併用して水を通さない様に・・・。 肝です。 見えなくなる所ですが・・・肝です。 下から上へ貼る事で、上に貼ったシートが外側に位置する事になります。 なぜ? 外側から水がかかった場合に、中に水が入り込まないようにする為なのです。 現場ではそんな“なぜ?”が色々転がっています。 気が付かなければそのままになってしまいますが、細心の注意を払うことが肝要ですね。 一人ではなく、複数の人が注意を払うことで、ミスを防いで参ります。 to be continued…..

Read More...
DSC_0017

#中間検査 のお話。 #小田原市 では住宅系の新築工事で50㎡以上のものは建築基準法の中間検査を受ける必要があります。 ↓ご参考までに小田原市のホームページです。 http://www.city.odawara.kanagawa.jp/…/tyuukannkennsanituite… 屋根の小屋組工事及び構造耐力上主要な軸組の工事が終了した時・・・。… 骨組みが組み上がって、金物でギュッと引き締めた状態を確かめるのです。 図面通りに構造体が正しく施工されているかを検査いたします。 検査自体、今回は #特定行政庁 (今回は小田原市)から委託された民間審査機関( #湘南建築センター )の検査を受けました。 この検査をクリアしないと、次の工程には進むことが出来ません。 構造に係る大切な検査です。 弊社では #重心 (建物平面の中心≒建物の重さの中心)と #剛心 (建物の強さの中心)を考慮して、バランスよく構造壁を配置しております。 重心と剛心の距離が長いと、水平力(地震力・風圧力)を受けた時に、建物にねじれの力が加わり、部分的に力が集中してしまう恐れがあります。 力が集中することにより、そこから破壊が起こりかねません。 てこの原理(距離×力の大きさ)を利用して、外周側に耐力壁をバランスよく配置していき重心と剛心のずれをなるべく小さく致します。 建物を強くするには全体のバランスを考慮した構造計画が必要となります。     他方、二回目の #防腐防蟻処理...

Read More...

開催されています。

#リクシル春のショールームフェア   お得な特典がいろいろあります!   お気軽にご相談ください。 ご案内いたします。

Read More...
20170403_150211456

上棟の様子です。

恐竜のようでもあり・・・。   して、その正体は・・・。 レッカーさんです。 今日もご安全に。 #在来工法 #根太レス工法 #二階の床組み です。 この上に24㎜の構造用鋼板を設置します。 #剛床 (ごうしょう)を設定し、水平方向の力を負担させます。 地震や台風に対して強くなるのです。 最近は各社、この方法が多いですね。 弊社でも採用しています。 #たてり (垂直方向)を確認しつつ・・・。 屋根の下地まで進みました。 #タルキック !! 細かい話ですが・・・。画期的です(笑) #広小舞 と#登り淀 を設置して#野地板 は構造用鋼板の12mmを使用しました。 ・・・あと一息。 野地板の上に#ルーフィング です。 通称#ゴムアス...

Read More...

黄金週間お休みのおしらせ。

5/3(水)・/4(木)・/5(金)とお休みをいただきます。 他は通常通り営業しております。 何卒、宜しくお願いいたします。

Read More...
Show Buttons
Hide Buttons