Menu
2-1

リクシルのフェア、二つをご紹介です。

只今、リクシルでは二つのフェアを実施中! リクシル秋のショールームフェア。 アライズ・グレードアップキャンペーン 詳しくはハマーホームまでお問い合わせください。 い合わせください。

Read More...
20170929

タウンニュースに掲載されました。

明日発行です!

Read More...

小田原タカラフェアが開催されます。

田原タカラフェアが開催されます。 ご希望の方は弊社まで、お問い合わせください。          

Read More...

Casa cube 光の降り注ぐお家。

どんな土地でも・・・。 太陽がどこにあっても・・・。 光を浴びて。 風を感じて。   #casacube #カーサキューブ    

Read More...
300×90

四角いお家、始めました。

四角いお家、始めました。   外に閉じて、内に開く。 カーテンを開けましょう。 #casacube #四角いお家

Read More...

夏季休業のお知らせ。

お客様 各位 ハマーホーム株式会社 代表取締役社長 濵野利幸   夏期休業のご案内 拝啓 盛夏の候、皆様方におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。 さて、誠に勝手ながら弊社では、8月11日(金)~8月16日(水)までを夏期休業期間とさせていただきます。 皆様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承の程宜しくお願い申し上げます。 敬 具

Read More...
外観001

足場が外れました。

CGでパースを作成・・・。 実際の外観。   CGやスケッチを駆使してイメージをお伝えしたいと思っています。

Read More...
DSCN8422

ZEHのお話。

#透湿防水シート の上に #通気胴縁 を施工したら #サイディング を貼ります。 一方、内部は #断熱材 を天井裏・壁の内部に施工致しました。 #ZEH #ゼッチ 仕様と同等レベルの施工をしております。 ZEH(ゼッチ)とはゼロ・エネルギー・ハウスの略で建物の断熱性能と省エネ性能を上げることによって、消費エネルギーを軽減させ、太陽光発電などでエネルギーを創り出す事で、その建物の年間で消費するエネルギーを差し引き“0”にしようという試みです。 #外皮計算 で外皮平均熱貫流率(UA値)を算出します。… 外皮計算とは建物の外壁、屋根、床そして窓やドアから逃げる熱を計算で割り出します。 建物一軒一軒でその数値が変わってくるのです。 その数値が小さい程、断熱性能が高いのです。 環境への影響をなるべく少なくする。 そんな取り組みに弊社も賛同しており、積極的に取り入れてまいります。

Read More...

断熱性能のお話。

建物の重要な性能の一つに断熱性能があります。 今回、フラット35の適用は御座いませんが、弊社の新築物件は一次エネルギー消費量等級5を基準としています。以前のトップランナー基準は本年(平成29年)3月をもって廃止となりました。 基準が高くなったというよりはその算定方法が変わり、より詳細な計算が必要となりました。 外皮計算で建物の形や窓の面積による熱の損失を計算して、居室の面積や設備の仕様を考慮に入れてその建物が消費するエネルギーを計算いたします。 その目標としてZEH(ゼロエネルギー住宅)があるのです。 断熱性能を上げ、消費するエネルギーを抑える。 そしてエネルギー創りだす事(太陽光発電システム等)で環境に対する負担を軽くしようという取り組みです。 弊社はZEHビルダーとして登録いたしました。 補助金というよりは、消費エネルギーを軽減するという観点から、微力ながらも貢献していければと思い、登録いたしました。 環境にやさしい家づくりをトータルで考えていければと思います。

Read More...
20170424_141059330

サッシ取付・・・その前に。

大事な大事な雨仕舞(あまじまい:雨が入らない様にする事です)。 サッシには前もって #ウェザータイト を施工します。 #ブチル系粘着両面テープ で三方を固定。 その上に、#透湿防水シート をしたから差し込んで、上からかぶせていきます。 鎧のように重ねていくのです。 下から上へ・・・。 丁寧に・・・。 その原則を崩さずに。 弊社では透湿防水シートに #デュポン#タイベック を使用しております。 http://www.tyvek.co.jp/construction/product/housewrap/ シートで外壁をすっぽり覆います。 #ブチル系粘着テープ と併用して水を通さない様に・・・。 肝です。 見えなくなる所ですが・・・肝です。 下から上へ貼る事で、上に貼ったシートが外側に位置する事になります。 なぜ? 外側から水がかかった場合に、中に水が入り込まないようにする為なのです。 現場ではそんな“なぜ?”が色々転がっています。 気が付かなければそのままになってしまいますが、細心の注意を払うことが肝要ですね。 一人ではなく、複数の人が注意を払うことで、ミスを防いで参ります。 to be continued…..

Read More...
Show Buttons
Hide Buttons